【書籍代節約】図書館を活用する

固定費削減

こんにちは。Pooh@Tokyoです。

今回は書籍代を節約につながる図書館の活用について書いてみたいと思います。

図書館の利用者は増えている

20年前に比べると大幅に増えていますね。
ここ最近は全国の図書館数も増えているようです。

図書館は知の宝庫

言わずもなが、図書館にはたくさんの書籍・新聞・雑誌・児童書などなど様々な本があります。

一冊の本との出会いが行動を変えるきっかけになったり、人生の成功のターニングポイントが本との出会いという方もしばしば耳にします。

ネットでは特定の情報をピックアップすることは容易だと思いますが、新聞を開いたときと同じように眺めているうちに特に関心を持たなかったジャンルの情報も目に入ってくるのと同じように、図書館にも館内をぶらぶらするだけで新しい分野との出会いのチャンスの可能性もあります。

無料で本を借りることができるので節約効果がある

当然ながら、本を無料で借りることができます。
急ぎで読む必要があるとき以外は図書館で本を借りると、その分書籍代を浮かすことができますね。
本1冊はだいたい1,000円以上するので、図書館活用で書籍代の節約効果は高いと思います。

新書も取り寄せすると無料で読める

いまネットで話題の書籍も図書館で取り寄せ予約を行うことで無料で読むことができます。
いまはもうオンラインで予約できてしまいますので、本屋で気になった本があれば図書館のホームページで取り寄せ予約をしておくとよいでしょう。

デメリットとしては人気書籍だと予約待ち順がかなりあとになるので、本へのアクセスが遅れてしまうことがあるので、急ぎで読んでおきたいものは購入するようにしましょう。

東京都内のおしゃれな図書館

最近の図書館はこれまでのイメージとは異なり、おしゃれな図書館もできています。

千代田区立日比谷図書文化館

新橋と日比谷の間ぐらいに位置する図書館です。
都心のど真ん中にある図書館でアクセスがいいですね。
自習室も充実していますし、中も綺麗で使いやすい図書館です。

千代田区立日比谷図書文化館
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/

江東区立豊洲図書館

豊洲のシビックセンターに位置する図書館です。
特徴はガラス張りで開放感があり、テラス席もあるのでオープンな雰囲気の中で読書を楽しむことができます。
近くにららぽーともあるので買い物のついでに立ち寄るといいと思います。

江東区立豊洲図書館
https://www.koto-lib.tokyo.jp/tabid96.html

まとめ

図書館を活用することで書籍代の節約につながります。
図書館も進化しており、本を借りるだけではなく、快適な環境の中で読書を楽しむこともできます。

本との出会いが人生を大きく変えてくれるかもしれません
時間があるときは近くの図書館を立ち寄るようにしてみるといいでしょう。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました