【ふるさと納税】ふるさと納税の仕組みを理解しよう

ふるさと納税

こんにちは。Pooh@Tokyoです。

今回はふるさと納税について書いていこうと思います。

ふるさと納税という言葉は皆さん聞いたことはあるでしょうか。
ご存知の方も多いと思いますが、自分が応援したい自治体へ寄付ができる制度のことですね。

私は先日ふるさと納税で宮崎県都城市に寄付を行い、そしてその返礼品として、都城産の豚肉4kgが届きました。


ふるさと納税を活用すると、魅力的な返礼品をお得に受け取ることができます。ですが一方で、ふるさと納税については返礼品を受け取れることは聞いたことがあるけれども、ふるさと納税の仕組みについてあまり知らないという方も意外と多いのではないかなと思います。
ふるさと納税はお得な制度ですが、知っておかないと場合によっては損をしてしまう注意点もいくつか存在しますので、お得にフル活用するためには、基本的な仕組みを押さえておく必要があります。「やっぱり難しそうだな」と思われた方も、仕組みはシンプルですので安心してください。

今回はふるさと納税をお得に活用するために、「ふるさと納税ってどんな仕組みなの?」「「何がそんなにお得なの?」「ふるさと納税の始め方を教えて」「寄附金控除の申告方法について教えて」といった疑問の声にお答えしながら、ふるさと納税の基本を押さえていきたいと思います。

ふるさと納税ってどういう仕組み?

まず、ふるさと納税の仕組みから解説していきます。ふるさと納税は生まれ育った故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度のことです。寄付金は自治体の地域活性化や課題解決、歳入の増加に役立てられます。そして寄付額のうち2,000円を超える部分について税金を抑えることができ、また寄付先からの返礼品を受け取れることができるお得な制度です。寄付金は使い道もこちらで指定することもでき、昨今の豪雨災害で被害を受けた自治体への寄付も可能です。生まれ育った故郷に少しでも貢献したいなと思っている方や、災害などで大変な状況にある自治体を応援したいという方は、ふるさと納税の制度では、非常に簡単に寄付金を届けることができますし、ご自身にも税制上のメリットや返礼品を受け取れることもできるので、是非活用していきましょう。

ふるさと納税の魅力

税金を安くできる

ではふるさと納税の魅力について解説していきます。一つ目は、税金を抑えることができる点です。寄付額のうち2,000円を超える部分について所得税の還付、住民税の控除を受けることができきます。確定申告で寄附金控除を申告した場合は所得税から還付・住民税分は減額にて控除を受けることができます。また後述するワンストップ特例で申告する場合は住民税の減額にて税金を抑えることができます。

寄付先から返礼品を受け取ることができる

二つ目は寄付先から返礼品として地域の特産品を受け取ることができます。返礼品は、食料品、お酒、お菓子、調味料、雑貨、レストランのお食事券など、様々な種類があります。

ちなみに返礼品は、「寄付金に占める返礼品割合が3割以下、地場産品のみ」と規程されています。そのため、寄付額の3割相当の返礼品を受け取ることも可能です。10,000円の寄付額だと、3,000円相当の返礼品が受け取れるとイメージしておくとよいでしょう。

ではここまでの内容を例を取っておさらいしてみましょう。先ほどの図の通り、44,000円を寄付した場合、44,000円-2,000円=42,000円分の住民税の減額、所得税の還付を受けることができます。「あれ?2,000円損じゃないか」と思われるかもしれませんが、ここで返礼品の存在が効いてきます。返礼品は寄付額の3割以下に定められていましたよね。今回の44,000円寄付の場合、44,000円×30%でおよそ13,200円相当の返礼品を受け取ることができます。

つまり13,200円ー2,000円=11,200円相当がお得になる可能性があるということです。
これがふるさと納税の魅力です。

寄附金控除の申請が簡単

寄附金控除のためには申告手続きが必要なのですが、ふるさと納税では「ワンストップ特例制度」という制度が用意されており、非常に簡単に申告手続きができます。ふるさと納税サイトで商品を選び、購入手続きをする際、「ワンストップ特例制度を利用する」という項目を選択しておきます。すると返礼品が届く前に、寄付先から必要書類が送られてくるので、申請書と本人確認書類を添付して返送するだけで完了です。あとは返礼品が届くのを楽しみに待っておけばOKです。

ワンストップ特例申請書での申告の仕方は別の記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

【ふるさと納税】ワンストップ特例申請書の書き方
こんばんわ。Pooh@Tokyoです。 今回はふるさと納税の「ワンストップ特例申請」について書いてみたいと思います。 先月、楽天市場を通じて山形県酒田市へふるさと納税を行いました ふるさと納税でお米を購入しました。 【ふる...

ただし、確定申告を行う方は「ワンストップ特例制度」で申請した分が無効となってしまうので要注意です。詳しくは後述します。

ふるさと納税を行う際の注意点

寄付金控除に上限がある

ここからはふるさと納税を行う上で、注視しておきたい点について解説してきます。まず一つ目は控除に上限額がある点です。ご自身の収入や家族構成などによって控除額の上限が変わってきますので、ふるさと納税を行う前に控除額上限がいくらなのか必ず確認をしておきましょう。上限を超えた寄付を行うと控除に含まれないので、超えた分は自己負担となるので要注意です。

「上限額?調べるのは難しそう」と思った方、安心してください。ふるさと納税サイトには簡単に上限額を算出できるページがありますので、必ずチェックするようにしましょう。家族構成や年収だけ入力して算出する簡易版もありますのでそちらでもOKです。
【ふるさとチョイス】https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

一時的な前払い資金が必要

ふるさと納税を行ったからといって、すぐに住民税が安くなるという訳ではありません。所得税の還付や住民税の控除が受けられるのは、寄付を行った翌年になります。つまり税金の前払いという側面があるので、一時的に手元資金が必要になってきます。毎月手元資金がショートしている状態の場合は、所得税の還付や住民税の控除のタイミングをしっかり把握した上で行うようにしましょう。とはいえ、ふるさと納税の対象期間は1年間ありますし、寄付額も1,000円からのものもあるので、手元資金に余裕があるタイミングで、少しずこまめに寄付をしておけば問題ないでしょう。

【ワンストップ特例申請の場合】

【確定申告の場合】

確定申告を行うと「ワンストップ特例」が無効になる

さきほどのワンストップ特例申請に関して、確定申告を行う予定がある方は要注意です。確定申告とワンストップ特例申請制度の併用はできないため、確定申告を行うと提出したワンストップ特例は無効となってしまします。そのためワンストップ特例申請書を提出済みの場合でも、対象期間に行った寄付は全て確定申告で寄付金控除申請を行う必要があります。ワンストップ特例制度より、確定申告の内容が優先されるためです。普段確定申告を行わない方でも、医療費控除などで確定申告が必要となるケースも出てくるかもしれませんので、念のため注意しておきましょう。

ふるさと納税ができるサイト

ふるさと納税ができるサイトは様々ありますが、代表的なところを挙げておこうと思います。

楽天ふるさと納税
さとふる
ふるなび
ふるさとチョイス

いずれも規模も大きいですし、利用者数も多く安心できるサイトかなと思います。よくCMでも見かけるものですよね。実際にサイトを見てみて使いやすそうなところを選べば問題ないと思います。

ちなみに私は楽天ふるさと納税を利用しています。楽天ユーザーなので、一番馴染みがあるということも理由ですが、やはり貯めた楽天ポイントを利用できる点が大きいです。寄付をした分にもポイントが付きますし、SPUやお買い物マラソン、楽天市場のキャンペーン(5と0のつく日など)と組み合わせるとポイント還元率がかなり高まっていきます。ふるさと納税がさらにお得になるので、楽天ユーザーの方は楽天ふるさと納税一択ですね。

人気の寄付先、還元率が高い寄付先を選ぶ

ふるさと納税を行うなら、せっかくなら評判のいい人気の寄付先、さらに還元率が高い寄付先もチェックしてみましょう。利用するふるさと納税サイトにも人気のランキングがありますし、「ふるさと納税 人気」や「ふるさと納税 還元率」と検索すると参考になる情報がすぐ出てきます。ふるさと納税もいまやかなりの数があるので、このようなサイトも是非参考にしてみてください。

【楽天ふるさと納税】人気ランキング
【ふるさと納税ガイド】最大還元率133%!ふるさと納税 還元率ランキングベスト70

まとめ

ふるさと納税の仕組み
・生まれ育った故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度のこと
ふるさと納税の魅力
・税金を安くできる
・寄付先から返礼品を受け取ることができる
・寄附金控除の申請が簡単
ふるさと納税を行う際の注意点
・寄付金控除に上限がある
・一時的な前払い資金が必要
・確定申告を行うと「ワンストップ特例」が無効になる
ふるさと納税ができるサイト
・楽天ふるさと納税、さとふる、ふるなび、ふるさとチョイスなど
人気の寄付先、還元率が高い寄付先を選ぶ

・ふるさと納税サイトの人気ランキングをチェック
・返礼品の還元率ランキングをチェック

ここまでふるさと納税の基本から、ふるさと納税の魅力、注意点などについて解説してきました。ふるさと納税を通じて、「この地域はこういうものが特産品なんだ」といままで接点がなかった自治体についても知る機会を持つことができました。
またこれまで気にしたこともなかった住民税などの税金についても考えることにもつながりました。ふるさと納税の仕組みを理解できたことで、「ふるさと納税を使えばサラリーマンでも簡単に節税できるな」と思いました。難しいことでも自分事として捉えると、一気に学習意欲が沸き、理解に結びつけることができると感じました。今後もお金のことについて、自身の体験から学びにどんどん変えていきたいと思います。
皆さんふるさと納税をお得に活用しつつ、いろんなことを学んでみてはどうでしょうか。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました