スポンサーリンク

【自己実現】行動力を身につける方法

LIFE

こんにちは。かねのぷーさんです。

 

今回は「行動力」について述べていきたいと思います。

 

行動力がなくて、困っている・・・

 

周りの友人や、ネット上でも行動力に溢れている方を見かけることがあると思います。

 

そのような方をみると、内心焦りを覚えたりしないでしょうか?

 

どちらかと言えば、私は行動力があるほうだと思っています。

 

これまで、海外へバックパッカーで出て行ったり、Tシャツのまま現地で仕事を探しに行ったり、

 

最近だと資格を取って、転職活動したり、投資をしたり、ブログを開設するなどなど、

 

自分がいいなと思ったことにはすべて取り組んできました。

 

今回は、「行動力がなくて困っている」というような方に参考になればと思い、

 

私が考える行動力を身につける方法についてお伝えしていこうと思います。

 

「今のままでいいか?」「よくないか?」

 

行動力を上げるためには、この質問を自分自身に投げかけてみてください。

 

今の状況に満足している、という方は「今のままでいい」と答えるでしょう。

 

ですが、現状を少しでも変えたいと思う方は、「今のままではよくない」と答えるでしょう。

 

後者の方は、何がよくなくて、何が足りないのかを整理するといいと思います。

 

学校と違って、社会に出ると周りの人はあなたのことをそれほど気にかけてはくれません。

 

今の状況から何かを変えるためには、自分で行動をしていく必要があります。

 

行動力を身につけるための大事な考え方

大事ことは「時間は有限である」ことを認識することです。

 

どんな人でも時間は1日24時間しかありません。

 

たとえ、大富豪であっても、政治家でも、スポーツ選手でも、そして私も使える時間は同じです。

 

ですが、物事や今の状況を変えるには自分自身が動いて、変えていく必要があります。

 

今の状況に満足しているのであれば何も問題はありませんが、

 

何もしなければ、今と同じ時間がただ過ぎていくだけになります。

 

「時間はいくらでもある」と考えている人が多いように思いますが、人生はあっという間です。

 

限りある時間を認識することが、行動力を生み出すきっかけになると思います。

 

時間は意外と確保できる

 

忙しくて時間がない・・・

 

時間は有限という話をしましたが、貴重な時間を仕事などで取られてしまう方がほとんどだと思います。

 

やりたいことがあるのに、時間がないというお悩みを持つ方も多いと思います。

 

ですが、時間は意外と確保できる、と私は考えています。

 

1日の時間の使い方を振り返ってみると、相当なスキマ時間を確保することができます。

 

例えば、

・通勤の時間(往復1時間)

・昼休憩時間(1時間)

・営業先への移動時間(10分〜20分)

・スマホゲームの時間(30分〜1時間)

・テレビ(1〜2時間)

・休日(8時間睡眠を除いた16時間)

 

時間の意識を強く持つと、普段の生活の中からでも時間を確保できるはずです。

 

毎日忙しいし、疲れている・・・

 

という声も理解はできますが、本当に何かを変える必要があるのであれば、限りある時間を少しでも有意義に使う必要があります。

 

スキマ時間を確保し、自分がやりたいことに時間を割くと、行動力がアップします。

 

小さなことから始める

 

行動力を上げるためには、まず「始める」ことが重要です。

 

どんなに小さなことでも、どんなに簡単なことでもいいです。

 

とにかく「始める」ことが重要です。

 

 

何から始めたらいいかわからない・・・

 

 

そんな方は、一番簡単なことから始めてみてください。

 

どんなに難しい課題でも、内容を細かく分解すれば、すべきことが必ず見つかるはずです。

 

やる気が起きない場合は、全く違うことを始めてもいいかもしれません。

 

点と点が結ぶときもあります。

 

ただし、寝ていては何も生まれませんし、何も変わりません。

 

小さなことから、コツコツと始めることで、徐々に変化が生まれてくるはずです。

 

失敗しても大丈夫!

 

失敗したらどうするの??

 

「失敗しても大丈夫!」

 

そんな一言で跳ね返してしまいましょう。

 

あまりにも失敗を恐れる、失敗のリスクを避けるマインドが浸透しているような気がします。

 

ですが、失敗を恐れたり、失敗を避けること自体が大きなリスクだと私は考えます。

 

失敗することで、物事を改善したり、悔しい気持ちをエネルギーに変えたり、新しいアイデアが生まれることもあります。

 

また、失敗しても案外どうにでもなるとも私は思っています。

 

以前、私は海外で営業職として働いていましたが、あまりにも営業がとれずクビになったことがあります。

 

クビになり、ビザの有効期限も迫っていましたが、前向きに行動を続けたことで、再就職することができました。

 

みなさんの尊敬する人たちも必ずどこかで失敗を経験しています。

 

最初はみんな一からのスタートなので、失敗は避けては通れません。

 

失敗は恐れるものではなく、当然のことであり、失敗しても大丈夫と考えるのがいいと思います。

 

自己啓発本でやる気をUP

 

でも、どうしてもやる気がでないんだよなぁ・・

 

正直、自分だけで行動の意欲を高めるには人それぞれ限界があると思います。

 

そんな時は、本を読んでいきましょう。

 

特に自己啓発やビジネス本は、著者のこれまでの人生が詰まった伝記のようなものです。

 

本で紹介されている他者の行動力を目の当たりにすることで刺激を得ることができます。

 

また著者の実際に経験した失敗談にも触れることができるので、自身の失敗がいかに小さいか実感できて、勇気づけられるかと思います。

 

行動力に溢れた人の本を読んでエネルギーを得たり、

 

行動のメカニズムについて解説された本などがおすすめです。

 

 

本は高くて買えない・・・

 

そんな方は図書館を活用しましょう。

自治体にもよりますが、新書もWebで取り寄せできるところが増えてきています。

【固定費削減におすすめ】図書館を活用して書籍代を0円に
こんにちは。かねのぷーさんです。 今回は図書館の活用について書いてみたいと思います。 みなさんは読書していますか? 読書を通じて知識や新たな気付きをもたらしてくれます。 私も毎月10冊...

 

まとめ

 

  1. 「今のままでいいか?」「よくないか?」
  2. 行動力を身につけるための大事な考え方
  3. 時間は意外と確保できる
  4. 小さなことから始める
  5. 失敗しても大丈夫!
  6. 自己啓発本でやる気をUP

 

今日は行動力を身につける方法について考えてみました。

 

現状を少しでも変えていきたいと思う方は、自身の行動でしか変えることはできません。

 

時間がなくて何もできないと思っている方は、スキマ時間を確保する工夫をしてみてください。

 

何から始めたらいいか分からないという方は、一番簡単なことから始めてみてください。

 

失敗が怖いという方は、「失敗は当然のこと」、「失敗しても大丈夫」と思いましょう。

 

そして、みなさんに与えられた時間は限りあるものです。

 

少しでも満足できる人生を過ごしていくためには、今、自分が行動する必要があります。

 

みなさんの行動を私は応援したいと思います。

 

また、私自身もこれからも行動し、チャレンジし続けていきたいと思います。

 

今日もここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました