【家計の資産管理簿】2020年4月

資産管理

​​​​​​​​​​​​こんにちは。Pooh@Tokyoです。

私は1ヶ月のお金の動きと資産の状況を把握するため、毎月資産管理簿を付けています。
今回は2020年4月の収支と資産の状況について書いていきます。

収支について

【収入合計】221,974円
・給与:212,785円(手取り)

・不労所得:10,138円

(不労所得内訳)
楽天通常ポイント(投資信託購入):949ポイント
米国株配当金:239円(KO)
ECナビ:1,450円
マクロミル:5,000円
CUEモニター:2,500円

【支出】153,569円
家計簿アプリのマネーフォワードで流動的な支出を算出しています。

【収支】​+ 69,354 円​
残業代、ポイント獲得が増えたことで収入が増加
支出も前月に引き続き、例年より抑えることができ、収支が改善した
在宅時間が増え、食費・光熱費がやや増加

資産について

【投資信託】401,129円

【米国株】299,220円

【確定拠出年金】242,724円

【銀行預金】355,087円

【現金】607円

【資産残高】1,298,767円(前月より+98,762円
収支改善により、預貯金額を増やすことができた
株価の上昇により、株式評価額が回復し、資産残高が増加

負債について

【奨学金(無利子/返済期間15年)】
返済額:15,050円
残高:1,520,665円

【クレジッカード】
クレジットカード請求額:49,667円

【負債残高】1,570,322円
クレジットカード請求額は前月よりやや増加も、例年より抑えることができた。

純資産について

【資産-負債=純資産】の式で算出します。
【純資産】​-271,556円
資産の増加により、純資産残高が改善。

 

まとめ

・収支バランスが安定し、投資だけではなく、銀行の預貯金残高も増やすことができた
・現金換金可能なポイントの獲得が増え、副収入が1万円に達した
・クレジットカードの不要な使用を控え、請求額を抑えることができた
・緊急事態宣言の影響で外出の機会が減り、外食などの出費が抑えられた
・株価の回復に伴い、投資資産の評価額が改善した

・在宅勤務の影響で来月の給与は固定給のみで、収入ダウンの見込み
・在宅時間が増え、食材費や光熱費がやや増加
・節約レシピなどの工夫、Uberを控える、など

以上、家計の資産管理簿でした。

毎月のお金の動きを把握することで、改善点や課題が見つかります。
安定した家計を築くため、資産管理簿をつけることをおすすめします。
是非参考にしてみてください。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

コメント

タイトルとURLをコピーしました